スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CR-Z ウエルカムフェアー

以前、ブログにも書きましたが、本日14:00からホンダ・ウエルカムプラザで、CR-Zウエルカムフェアーが開催されたので行ってきました。



余談ですが、ホンダカーズ埼玉で土屋圭市さんが来て試乗会があるとの情報を入手し、申し込みはしたのですが・・・くじ運が無い私は、はずれてしまいました。







テレビ神奈川「岡崎五朗のクルマでいこう!」をご覧の方は、ご存じかもしれませんが、モータージャーナリストの岡崎 五朗さんと開発者の方々のトークショーが行われました。







岡崎五郎さんは、免許取得後CR-Xに乗っていたそうです。

それを聞いて、FD2のインプレッションをした時に、良い評価をした理由が分かった様な気がしました。



さて、トークショーの内容ですが・・・

このトークショーを聞いて、私の疑問が解けました。

何故、この時代にこの車が発売できたのか・・・

開発当初は、ハイブリッド車を造るという概念は無かったそうです。

時代や背景(インサイト等が発売され)からハイブリッドが後から付いてきたということのようです。



それよりも何よりも、何故、私が見た瞬間に魅力を感じたのか・・・

これは、開発者の方々全員が「コンパクト・スポーツカーを造りたい」そういう気持ちを持って造ったからだということが分かりました。

いくら、社員が同じ目的で車を造ったとしても、同じ気持ちを持って造らなければ良い車は出来ないということです。



今の世の中、会社が大きくなればなるほど、仕事は分業になってしまいます。開発責任者・エクステリア担当・インテリア担当等々、様々仕事が分かれます。

それぞれが、より良い仕事で目的の車を造ろうという気持ちを持っているとは思います。でも、同じ気持ち(こういう車を造りたい造ろうよという気持ち)を持っていなければ、買い手にとっては、魅力を感じない車になってしまうという事だと思います。



CR-Zは、それがまさに重なり一つになって魅力ある車に仕上がったのだと思います。



スポーツカーの場合、乗れない人は、乗らないで良い。買えない人は、買わなくて良い。そういう考えもありだと思います。

でも、「もうちょっと・・・○○だったらな・・・」という気持ちでスポーツカーの購入を断念していた人には、打ってつけの車ではないしょうか。











ハイブリッドでスポーツカー。





ATもあるけど、MTもある。





通常は荷物を・・・いざと言う時は、後ろに人も乗れるリアシート。





人が乗っても、荷物がちゃんと詰める。リヤシートを倒せば大きな荷室。





少子化だし・・・子供が独立した後だって・・・こういう車が良いんじゃないかなぁ~



以前、ベストモータリングで、こういうナレーションがありました。

家族の為、子供の為、広くて走りもなかなか・・・俺は、良いお父さん、自分ではそう思っている・・・嘘をつくな!意思を主張して己の存在を示せ!それでこそ、男は格好良い!

そして、土屋圭市さんも、こう言ってました。

世の中、ミニバン、ミニバンと言うけれど・・・車の良さって忘れちゃってるんじゃないの?

まさに同感です。

若者の車離れ、それも車の売れない要因です。

でも、造り手も、もっと魅力ある車を造らない、いや、造れないのが要因だと思います。







ちょっと、話がそれましたぁ~



そうそう、こんな場面がありました。

クレイでボディー造りをしている方が実演です。







目では見ず、目をつぶって手で感じて作業するそうです。

まさに職人です











驚いたのですが、低価格の割には、LEDポジションランプが欧州車なみについています。ヘッドライト下の横1列。

(写真では、分かり難いかな・・・)



驚いたと言えば、内装(インパネのクッション材)やシートの質(質感ではなく材質)が良いです。「えぇ~、この価格で、ここまで出来るの」と思ってしまいました。

シートもバケットタイプで、ホールドが良く出来ています。

でも、もし私が購入するとしたら、シートは、オプションのRECAROシートにすると思いますが・・・。



それから、6MTですが・・・ショートストロークと言われていますが、「若干ロングぎみのショート・・・」という感じで軽い操作性です。クラッチも軽く、いわゆる万人向けに出来ています。

「これなら、街乗りも楽しいだろうなぁ~」という感じがしました。



試乗はしてませんが、個人的には、やっぱり乗るならATよりMTが良いと思います。



に余裕があったら、買いたい一台です。

勿論、TYPE-Rはそのままで、セカンドカーとしてです。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

ホームページ

プロフィール

TAKA

Author:TAKA
ホンダ大好きのブログです。現在の相棒はCIVIC TYPE-R(FD2) まさに最高のRとの日常を綴っています。
自他共に認めるHONDA好きで、愛車についてやモータースポーツ等、色々書いてます。
洗車好きでもあり、洗車に関しても色々書いてます。

最新記事
最新コメント
スポンサーリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。